まずは医療検査!⇒PET検診なら日本医大健診医療センター

Top >  足のしびれ >  足のしびれ(足の内側のしびれ)

足のしびれ(足の内側のしびれ)

スポンサードリンク

足の内側のしびれにも、色々な原因があります。【下記表参照】まず、しびれの原因が、どこにあるのかを検証しなければなりません。その為には、足のしびれを出す病気が、どんな病気であるかを知る必要があります。しびれを出す病気は、神経障害と血管障害に大きく分類できます。神経障害は脳疾患もあります。最も気をつけなければならないのが、この脳疾患ではないでしょうか。それも急性の脳疾患で、脳出血や脳梗塞のしびれです。通常、脳疾患の場合は、片側の半身に症状が出てきます。足のみのしびれの場合は、脳から下の神経障害を疑います。しびれの自覚症状が出てきましたら、まずは医療検査を怠りなくすることが大切です。


腰部の神経

神経性で、足のみのしびれで、片側に症状が出るものと、両側に症状が出るものとがあります。両側に症状が出る場合は脊髄病変が疑われます。脊髄病変は背骨の中の脊髄が、何らかの刺激を受けている障害です。代表的な病気は、椎間板ヘルニアです。椎間板ヘルニアのほかにも脊椎の変形、脱臼、腫瘍、脊髄梗塞、外傷後の血腫などがあります。脊髄病変は慎重に経過を診る必要があり、進行すると、上位運動ニューロン障害へと発展し、痙性麻痺、肛門括約筋の制御不能などの深刻な症状が出てきます。脊髄の障害を受けている部位によって、神経症状も違ってきます。頚椎5番より上の障害は、両側の四肢に症状が出てきます。頚椎5番から胸椎1番までの間の障害は、両上肢の症状が出てきます。胸椎1番より下の障害は、両下肢の症状が出てきますので、障害部位の予測が可能です。以上が脊髄病変です。


片側の足に症状が出るのを、神経根障害といいます。神経根障害は、脊髄神経から背骨と背骨の隙間(椎間孔と言います)を通りぬけて出てくるところでの神経障害です。神経根障害の原因で代表的なものは、やはり椎間板ヘルニアと脊椎の変形です。また、腰椎分離症やすべり症、脊柱管狭窄症も重篤な足のしびれの原因となります。

神経根障害.jpg

血管性の異常は、糖尿病による代謝異常、閉塞性動脈硬化症などの血管の異常による循環不足が代表的です。

足の内側のしびれの症状と原因
しびれを起こす病気色々なしびれの症状・原因
脳疾患片側半身の知覚異常、運動異常
腰椎椎間板ヘルニア腰神経4番の障害が主で神経障害
変形性脊椎症腰神経4番の障害が主で神経障害
脊柱管狭窄症腰神経4番の障害が主で神経障害
腰椎分離・すべり症腰神経4番の障害が主で神経障害
腫瘍腫瘍が刺激する神経の知覚障害
血腫血腫が刺激する神経の知覚障害
神経炎腫瘍による刺激や感染症による炎症
その他その他の原因

いかがでしょうか。
足の内側のしびれにも沢山の病気が隠れています。しっかりとした診断が必要であり、的確な診断が早期治療へとつながり、早く回復することにもなるのです。

そのためにも、足のしびれの自覚症状が出てきたらまずはメディカルチェックを怠りなくすることをお勧めいたします。

 <  前の記事 足の甲のしびれ(示指・中指・間指のしびれ)  |  トップページ  |  次の記事 足の指先のしびれ  > 

医療検査のご相談は↓
脳ドックなら金内メディカルクリニック
PET検診なら日本医大健診医療センター


このページについて

このページは「手のしびれ・足のしびれ jiten」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

検査をしよう
人間ドック